アクセスランキング

コカ・コーラ フローズン レモン 話の種に

コカ・コーラ フローズン レモン
発売日からコンビニ巡りをしましたがなかなか
見つからずあきらめかけたその時に知人から
ネット購入可能と連絡が来て早速入手。

「コカ・コーラ フローズン レモン」を食べて
みました。

シャリシャリ食感のコカコーラが楽しめると
いうパウチ容器に入った製品です。

内容量は125gでちょうどいいサイズです。

ギュッと握りやすいデザインのパッケージで
数時間冷凍庫で凍らせてから食べる前に数分
出して放置、もむ感じでシャリシャリとした
炭酸の抜けた感じのコーラ味を楽しめます。
[最新特価・セール情報(blogranking)]
続きを読む
コメントは管理人の承認後表示いたします。ご了承ください

ハピモミ フローズンメーカー 簡単にジュースがシャリシャリ

ハピモミ フローズンメーカー
買い物に行った際に息子が一目惚れの
面白い雑貨を入手。

ドウシシャ「ハピモミ フローズンメーカー」
を使用してみました。

簡単にフローズンを作ることができる
フローズンメーカーです。

作り方は本体そのものを約6時間以上
冷凍庫で冷却、容器内にジュースを
入れて1分間もむだけ。

専用のストロー付スプーンで手軽に
フローズンドリンクが楽しめます。

本体サイズは約10.5×10.5×21.5cm、
重量は405gとやや大きめです。
[最新特価・セール情報(blogranking)]
続きを読む
コメントは管理人の承認後表示いたします。ご了承ください

ドウシシャ 大人の氷かき器CDIS-150 便利なコードレス

ドウシシャ 大人の氷かき器CDIS-150
リビングやアウトドアでも使えるという
コードレス氷かき器が気になり入手。

ドウシシャ「大人の氷かき器CDIS-150」
を使用してみました。

本体サイズは約幅9.5×奥行12×高さ31cm
となっていて電池を入れて冷凍庫から氷
数個を入れてボタン1つで削れます。

一度にたくさん作ることは出来ませんが
数回で作る場合もさほど苦にならず。

普通にかき氷を作る他に製品名に大人の
とついているだけありフローズンドリンクや
お酒、冷製パスタなど7つ贅沢氷レシピ付。
[最新特価・セール情報(blogranking)]
続きを読む
コメントは管理人の承認後表示いたします。ご了承ください

フローズンヨーグルト スノーラ 低カロリーでさっぱり

フローズンヨーグルト スノーラ
テレビや雑誌で知りどんな物なのか
気になり注文してようやく届いた
「フローズンヨーグルト スノーラ 」
のご紹介。

ロサンゼルス発の無農薬・無脂肪、
高濃度乳酸菌ヨーグルトデザート。

1つに130gぎっしり入ったレギュラー
サイズと80gのハーフサイズセットが
ありました。

130gの方を入手しましたが1人で
1個は食べられますが80gくらいが
ちょうどいいかな?と思いました。

届いた時はカチカチですが食べる
約15分前に冷凍庫から出して自然
解凍させるとフローズンヨーグルト
として美味しく食べられます。
[最新特価・セール情報(blogranking)]
続きを読む
コメントは管理人の承認後表示いたします。ご了承ください
Copyright (C) 2006-2019 新製品大好き「こんなものいかが?」, All rights reserved.
プロフィール

ko-ji

Author:ko-ji
20歳・15歳の2児の父してます。
新製品・限定という言葉にめっぽう弱くとりあえず手にしては使ってしばらくすると買い換えるという事を繰り返しています。
雑誌DIME・TRENDY・モノマガジンなどで新製品・評判・話題の製品をチェック、自己購入、親戚・知人に借りての使用感、気になる製品情報をご紹介。口コミ・噂のあれは?という商品をピックアップしています。商品ご購入の参考になれば幸いです。
当ブログは複数のランキングに参加しています。順位を励みに毎日更新をしていますので是非クリックでの応援よろしくお願いいたします。

14周年記念プレゼント
更新して10/13で14周年になります。 たくさんの方々にご覧いただき、応援や励ましをいただきまして ありがとうございます。 今年も記念して感謝のプレゼントを実施します。 計2名様に。10月13日午前8時頃締め切りました。13日記事にて当選者発表・発送済です
13周年プレゼント
スポンサーリンク
メールフォーム
新製品情報提供、相互リンクの件、プレゼントの返信などご連絡はこちらからお願いします(最後に数字入力と送信ボタンを忘れずにお願いします) 特にこんな製品試しません?とか知ってます?というご連絡を お待ちしています。可能な限り試したいと思います。

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスリンク